古市佳央のホームページへようこそ。 誰にでも悩みの一つや二つはあるものです、しかし誰にも言えない、聞いてもらいたいけど誰に話せば良いのだろう?家族や友達にも言えない悩みってどうすれば良いのだろう?悩みは聞いてもらうと心が軽くなったりすることがあります。心から吐き出すことに大きな意味を持っていると思います。僕も昔は心の悩みを言える人は限られていました。 2000年より自分をさらけ出し講演活動を始め、自分を認めてくれる多くの人に出会い、今は世界で一番幸せな男として生きています。 

1月21日(土)
古市佳央新春プレミアム講演会2017 ゆめぱれす朝霞

■1月21日(土)
古市佳央新春プレミアム講演会2017開催!

1月21日(土)

※お申し込み開始しました!!

��お申し込みフォームはこちら��
https://business.form-mailer.jp/fms/734260ab64078

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

第3回『世界一幸せな講演家』古市佳央の新春プレミアム講演2017
<故郷埼玉 凱旋講演>
手話通訳付き
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
...
高校一年生の春、バイク事故で重度の熱傷41%という生死をさまよう体験。一命を取り留めたが、変わり果てた姿に絶望し、自殺を考え続けた毎日。

いま古市佳央さんは、自己の体験を通じて得た命の大切さ
本当の幸せとは何かを伝えるために講演活動を行っている

最近では、学校での講演活動に力を注ぎながら、多くの人をステージに立たせ輝かせるキラキラ女性講演会の主催、講演指導をする講師養成講座の開催、真の幸せを追求する倖塾などにも力を注いでいる。さらに先日、東海道五十七次(東京ー大阪間550キロ)を歩いて渡りながら、34日連続講演の偉業も達成。

2017年新春、ますますハッピーエンジン全開の古市佳央の「幸せ」な世界を通じて、最幸にプレミアムな新年をお迎えください。

この日に駆けつけるゲストも、司会も、超プレミアム!!
どうか、予定の確保をお願い致します。

―プレミアムゲスト―

☆メジャーバンド「アンダーグラフ」
ギターボーカル担当 真戸原直人
  <ソロ弾き語りライブ>

☆超一流カリスマ振付家 香瑠鼓 &
バリアフリー即興パフォーマンス集団
『あぴラッキー』

☆即興演奏!スーパーピアニスト
 藤本ゲン

☆総合司会 
身と心の「美」のカリスマ 桜香純子
         
主催:「6年半の宇宙(鬱)病を克服した」笑顔の伝道師
    竹原義人 
______________________
┏ ──────── ┓
 開催概要
┗ ──────── ┛

【日時】2017年1月21日(土)13時~17時30分(開場12時)
【会場】朝霞市民会館(ゆめぱれす)大ホール
http://absk.or.jp/yumeparesu/
     東武東上線朝霞駅南口下車徒歩約12分
     市内循環バスわくわく号膝折・溝沼線市民会館下車
     駐車場 124台収容(うち、障害者用3台)
【定員】919名
【入場料】
・前売 一般   2,800円(当日 3,800円)

・前売 65歳以上 1,500円(当日 2,500円

・前売 障がい者 1,500円(当日 2,500円)

・20歳以下 無料(事前申し込み要)
※親子で来ていただきたい♪ 
※成人式のお祝いも兼ねて♪ 

・限定20席 プレミアム 9,800円(人数に達した時点で終了)
※すべての割引適用外となります。
 ☆最前列席(1列目、2列目)で、ゆったり♪興奮♪
  ☆古市佳央さんとハッピーランチ♪ 
 ☆出演者からのプレミアム寄せ書きサイン♪ 
 ☆プレミアム特典付

��お申し込みフォームはこちら��
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://business.form-mailer.jp/fms/734260ab64078

============================

※あくまでも自動返信メールの振込先が
うまく受信できないお客様へ

お申し込み後、こちらへお支払いを宜しくお願い致しますm(__)m

============================
銀行名:みずほ銀行
支店名:八重洲口支店
口座種類:普通
口座番号:2608581
口座名義:タケハラ ヨシヒト
=============================
振込手数料は、別途ご本人負担となります。予め、ご了承お願い致します。
______________________

┏ ───────────── ┓
  出演者紹介
┗ ───────────── ┛

◎ 世界一幸せな講演家 古市佳央
 オープンハートの会 会長/ 一般社団法人きら代表理事/
 倖道 一般社団法人きら代表理事/倖道 道主

プロフィール
 高校一年の春、バイク事故で、重度熱傷41%という、生死をさまよう大やけどを負うが、奇跡的に命を取り留めるが顔や手に大きな損傷を残す。自らの変わり果てた姿に絶望し、真剣に自殺を考えるが身動きひとつ取れなかった
 その後3年間に渡る治療を通じて、さまざまな入院患者とのふれあいを経験し、再び生きる希望を取り戻す。
 23歳で退院後は、一般社会の人々の好奇と嫌悪、同情の視線にさらされ、逆に精神的な強さがつちかわれる。
 現在は、障害者と健常者の垣根をなくし「生活の質」の向上を目指す、『オープンハートの会』の運営や、自己の体験を通じて得た命の大切さや本当の幸せとは何かを伝えるため、全国での講演活動を行っている。東海道五十七次(東京ー大阪間)を歩き渡り、33日連続講演の偉業達成。全国・講師オーディション2013でグランプリを受賞。テレビ寺子屋などメディア出演多数。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
◎「アンダーグラフ」ギターボーカル担当 真戸原直人

■アンダーグラフ 
Vo.Gt.真戸原直人、Gt.阿佐亮介、Ba.中原一真、Dr.谷口奈穂子

1999年に地元である大阪(枚方・寝屋川)にて結成。2004年のデビュー曲「ツバサ」がCD累計上40万枚
着うたダウンロードも累計200万回以上
世代を超えて支持される名曲として大ブレイク。2013年には、テレビ東京系アニメ『弱虫ペダル』のED曲
「風を呼べ」をリリース。翌年には日本クラウンより再メジャーデビューを果たし、
渋谷公会堂にてデビュー10周年感謝祭を開催。
2015年7月発売のミニアルバムの収録曲「こころ」が『NHKみんなのうた』に決定するなど、
積極的に音楽活動を行う傍ら、ワクチン普及のための印税の寄付や
青年海外協力隊の海外視察で発展途上国に足を運ぶなど、社会支援活動への参加も行っている。
映画『私の頭の中の消しゴム』イメージソング「遠き日」も話題。

■真戸原直人 Matohara Naoto(ボーカル、ギター担当) 1977年7月27日生まれ/大阪・枚方市出身

●2004年デビュー曲「ツバサ」が売上40万枚以上。着うたダウンロード200万回以上。
●V6「red」、市立恵比寿中学「アンコールの恋」など楽曲提供 
●CMナレーション「東京ガス」
●宇治伏見ギャラリートレインにおいて「写真展~やがて咲く花達へ~」開催
●ワクチン普及の為に印税寄付、青年海外協力隊の海外視察など、社会貢献活動も積極的に行っている。

・アーティスト印税寄付(世界の子どもにワクチンを普及委員会)
発展途上国への子どもたちへポリオ、はしか、百日咳、ジフテリア、破傷風、結核の
予防接種の寄与を行う団体(NPO法人)を通して、アーティスト印税の一部をワクチン寄付している。

・2010年「LOVE FOR HAICHI」
ハイチ大地震支援チャリティ企画。主催者の若旦那(湘南乃風)と意気投合。

・2011年「LOVE FOR NIPPON」
東日本大震災復興支援。アーティスト印税寄付。
2011年7月には、津波の被害にあった宮城県の山元町にも訪問。

・2012年東南アジア ミャンマー視察 
・2013年アフリカ マラウイ視察 
・2014年中南米 グアテマラ視察
・2015年東南アジア ラオス視察

独立行政国際協力機構(JICA)の様々な国際ボランティア活動に参加し、ギターと歌で現地の人々と触れ合う。ここで学んだことを次世代へ伝えている。

■アンダーグラフ=「表面的でない心の奥にある喜怒哀楽を形にした音楽を創っていく。」
という意味をこめて。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
◎カリスマ振付家 香瑠鼓&
  バリアフリー即興パフォーマンス集団 あぴラッキー

■香瑠鼓(カオルコ)

Wink「淋しい熱帯魚」、慎吾ママの「おはロック」、グリコ「ポッキー」(新垣結衣)、大和ハウス「ベトナムにも」篇(役所広司・古田新太)、EDWIN「ジャージーズ」(瑛太・水原希子)から、ボートレース「BOEDO CITY」シリーズ(すみれ)、ソフトバンク白戸家「ギガ物語」シリーズ(乃木坂46)、チチオビタドリンク、ニコレットCM、長野パラリンピック開会式(1998)、東アジア競技大会大阪大会開会式(2001)、映画「嫌われ松子の一生」、「20世紀少年」ほか、CM、音楽、映画、舞台等手掛けた振付は1300本以上。CM界では“業界随一のヒットメーカー”の異名を持つ超一流カリスマ振付家。
また、障害のある人が参加する「バリアフリーワークショップ」を20年にわたって実施し、「あぴラッキー」を主宰。
一人ひとりの潜在力を引き出しマインドフルネスを導く独自のメソッド「ネイチャーバイブレーション」は東京大学においても関連研究が行われており、2015年上半期には自身も東大で非常勤講師を務めたほか、2016年国際心理学学会でも大きな関心を集めた。

■バリアフリーエンタテインメントライヴ
「あぴラッキー」

振付家の香瑠鼓が主宰するパフォーマンス・プロジェクト。香瑠鼓の「バリアフリーワークショップ」に参加する障害のあるメンバーや、即興アーティスト集団「アピキュピア」のアーティストたちで構成されています。
キーワードは“即興”。擬態語や声、音楽を使ったカラダ表現やダンス、遊び心を取り入れた会場のお客さまも参加できるコーナー、魅力あふれるプロの即興パフォーマンスなど、バラエティに富んだ内容を折り込み、会場が一体となって楽しみ、触れ合い、参加感を味わえるのが特徴です。障害のある人もそうでない人も、その人らしく自由に輝く姿が、たくさんの人たちに「自信や勇気」「希望やしあわせ」を届けています。
国内での公演やイベント出演をはじめ、2016年「韓国国際障害者ダンスフェスティバル」など3回にわたって韓国での国際的なイベントにも香瑠鼓と共に出演しました。次回は2017年2月12日、赤坂のEXAインターナショナルにて公演予定。
Facebook https://www.facebook.com/apilucky.dance/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
◎スーパーピアニスト 藤本ゲン  

徳島県出身。 東京学芸大学音楽科ピアノ専攻卒業。
日野原希美、AKIRAをはじめ、クラシック・シャンソン・ポップスなど、様々なジャンルの歌手と共演。オペラ、ミュージカル、音楽劇、朗読劇のピアニストとしても活躍中。

4歳からピアノを始め、 ピアノ漬けの青春時代を送る。数々の合唱団のピアノ伴奏、クラシック界の歌手の伴奏を勤める。こういった経歴からは珍しく「即興演奏」にもかなりの定評がある。彼の優しく力強い、感覚の研ぎ澄まされた演奏もさることながら、その柔らかな人柄に「彼と共演したい」という演奏家は多い。

また和太鼓奏者としても活動。1998年にブラジル公演を行う。音楽療法、和太鼓など、福祉園、小中学校などで講師として活動中。

fu-fu オフィシャルサイト
http://fu-fu.jimdo.com/?mobile=1
オフィシャルブログ
http://s.ameblo.jp/fufu-0327/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
◎総合司会 桜香純子(おうかじゅんこ)

秋田県出身。中学2年生の時にCBSソニー(当時)より
歌手デビュー。シングルCD・アルバム・エッセイ集・写真集など多数発売。20歳で芸能界を引退し、その後9年間の会社勤務を経た後、美容と健康と心理の世界へ転身。

2009年に内面と外面から女性の美と健康と幸せをサポートする『サロン・ド・エンジェル・エンジェル』サロンをオープン。現在はサロン経営、メンタルカウンセラー養成、商品開発の他、ケニアでの美容・健康事業も行う。
2016年9月24日
「二の腕シェイプダイエットBOOK)」 宝島社 発売
2016年11月22日
「ウエストシェイパー 美腹巻」 講談社 発売